ファミレス・コンビニ・ファーストフードの割引き・お得情報

マクドナルド秋の定番、月見バーガー!



マクドナルドの秋メニューと言えば、毎年恒例「月見バーガー」。


今年も早々に頂こうと、これを目的に訪れました。


レジにて注文
この日の目的は月見バーガーだけだったため、セットにはせず単品で注文。


お値段一つ\340-です。
かつてハンバーガーが\65-だった頃を知る私としては、複雑なお値段ではありますが、時代ですね。
現在多くのファーストフード店でバーガーを頂くとしたら、このくらいは平均価格です。


ドリンクはアイスコーヒー\100-にしました。



見た目とお味の感想は?


トレイに乗せられたバーガーの包み紙にはお月見ウサギのイラストが描かれていて可愛らしいです。


いざバーガーを取り出して中身を確認。


ゴマ付きのバンズに、少し厚みがあるベーコン・真ん丸目玉焼き・パティが挟まっています。
昨年と変わらぬ見た目に安心して、頂くことにしました。



このバーガーの特徴は、やはりオーロラソースであると実感します。
バンズの間の具材全てにぴったりマッチ!


マクドナルドでは通常メニューの「おてごろマック」にも「エグチ」なる目玉焼き入りバーガーが存在し、ケチャップソースのパキッとした味が特徴です。


勿論美味しいのですが、このまろやかなオーロラソースのまったり濃厚な味は毎秋の楽しみです。


<<関連>>


ロッテリア期間限定秋の新作とろ〜り月見の肉厚バーガーを実食!



月見バーガー比較

さて、今回も秋の訪れに合わせマクドナルドの月見バーガーを食したわけですが、先日一足お先にロッテリアの月見バーガーを頂きましたので、少し比較をしてみたいと思います。


具材 ・マクドナルド(以下M):ベーコン 目玉焼き ビーフ100%パティ
    ・ロッテリア(以下L):レタス 目玉焼き ビーフ&ポークパティ


ソース ・M:オーロラソース
     ・L:てりやき風ソース


単品価格 ・M:\340-
     ・L:\420-


お値段は\80-差です。


ソース、ベーコンとレタスの違いの他パティが100%ビーフの通常の厚みであるマクドナルドに対しロッテリアは「肉厚」を唱っており分厚い合挽きパティを使っています。


黄身までかっちり焼き上げたしっかり食感の目玉焼きであるマクドナルドに対し、「とろ〜り月見」として黄身がとろっとした半熟目玉焼きがロッテリアでは特徴となっています。


どちらも正直これは好みで選ぶしかないところですが、マクドナルドには毎年のこの安定した味が必要だと私は感じております。
マクドナルドでは、目玉焼き入りでてりやきソースを合わせた「てりたまバーガー」も季節に合わせて登場するため、「月見バーガー」はこのスタイルを貫いて欲しいです。



まとめ

マクドナルドのバーガーにランキングをつけるとしたら、上位5位以内には入れたい、私のお気に入りバーガーです。


色々なハンバーガーチェーン点が月見バーガーを出す季節なので多種多様な月見を楽しめますが、帰るところはここかなと思える月見バーガーです。


<<関連>>


ロッテリア期間限定秋の新作とろ〜り月見の肉厚バーガーを実食!